新型コロナウィルスに関しまして弊社の取り組みについてご報告させていただきます。
国や東京都からの自粛要請に基づき飲食店やイベントなど大幅に自粛されており、そこで働く従業者が無給で休職させられている現状が連日ニュース等で報道されております。
弊社も資金繰りに苦しい取引のあるイベント会社や飲食店などに緊急融資が受けられるまでの間2ヶ月から3カ月の無利息にて短期融資をさせていただきました。
弊社もキャッシュフローが無尽蔵にあるわけではございませんので、現在は融資活動は中止しております。
ただ、4月7日現在緊急事態宣言が出されると騒がれている中、政府の具体的な非正規雇用へのサポート等は的が外れていると言わざるを得ません。
弊社では4月2日より【新型コロナウィルスが原因で失業した方を積極的に雇用宣言】をTwitterでしておりましたが、本日より弊社ホームページでも正式に宣言させていただきます。
資本金200万円の吹けば飛ぶ会社です。できることは限られております。ただ、このような動きを少しでも事業主がすれば雇用状況は改善されます。
経営者として、このような行動は正しいのか?と自答自問しました。経営者としては間違えた判断でしょう。しかし、私は経営者の前に一人の人間です。
目の前で困っている人がいるのに自分の財布だけ見ることはできません。
今回採用した1名のアルバイト(準社員)がYouTubeで喜びの声をあげてくれました。また、現在の新型コロナウィルスが原因で失業した方の生の声を聴くことができました。
そして、事業者(事業主)が助けるしかないと考えます。弊社は4月12日まで(募集期間)緊急事態宣言が出されていても緊急雇用を続けることとします。
働く方は短期(今回の緊急事態の間)でも、居心地が良ければ長期でも正社員でも構いません。また、週20時間以上勤務の方は労働保険・社会保険にも加入できます。
会社は社会からの預かり物であり、社員(準社員)の生活を守るのが役員の仕事であると考えます。
弊社もしっかりとした売り上げ確保に戦力を尽くします。また、お客様から支持されてはじめてできる活動です。

※弊社には採用基準もございますので一定のスキル等は求めますことを申し添え致します。

これが新型コロナウィルスの感染していないのに被害が出ているの生の声です。

 

RERグループ代表
RER Agency株式会社
代表取締役 三瓶 晃幹

本件のお問い合わせ先
RER Agency株式会社
広報担当:白崎 あゆみ